皆様こんにちは(^O^)/
今回は「生徒様分類 その2 不安型」です。

なぜこのお話をするかと言うと、生徒様に応じて対応方法が異なるからです。
様々な生徒様がいらっしゃいます。
今回は不安型の生徒様です。

この方はパソコンに恐怖を感じられています。
「基本的に触るのが嫌い」
「ウイルスが怖い」
「少しでもメッセージが出てくるとドキッとされる」

といった具合です。
不安に感じられているため、迷ったときは手が止まります。
そこでご質問がある方なら良いですが、性格が引っ込み思案の方だと質問もきません。
生徒様の行動を良く見ておくことが重要です。

喜ばれるフレーズで言うと
「私も最初は怖かったです」
「そのメッセージよく出てきますよね」
「パソコンって怖いですよね」
といった感じでまずは共感する事です。
共感することで、徐々に打ち解けてこられます。
打ち解けられないと、先生と生徒の関係性が出来ません。

この先生と生徒の関係を構築しないと、いつまでたってもこの生徒様はパソコンを怖がり、触ろうとする事をされません。パソコン上達は「いかに多く触るか?」がポイントです。しかしながらこのタイプの生徒様はそもそも触る事が怖いので、先に進めないのです。

触る事が楽しくなるようなインストラクションや声掛をして言ってみて下さい(^O^)/

【教訓】
生徒様の恐怖感を取り除いてあげましょう(^O^)/

今回もお読み頂きありがとうございました<(_ _)>

パソコン教室運営にお困りの方はこちらをご覧下さい