皆様こんにちは(^O^)/
今回は「価格との付き合い方 その6 パソコンが出来る人という認識を持つ」です。

なぜこのお話をするかと言うと、値上げの仕方がわからないという方が多いからです。

価格を上げる為には、自分自身との戦いです。
まず自分自身は「パソコンが出来る人」だと認識を持つ事です。

 

 

自分がパソコン出来ると徐々にそれが当たり前になってきます。
自分自身常にパソコンに触っている為、インストラクターをしている以上スキルは徐々に向上しております。今まで出来なかった事が当たり前のようになってきます。

 

 

スキルは上って良いのですが、こうなってくると「この程度のことでお金頂いていいのかな?」という気持ちがわいてきます。そうなると、価格が下がる傾向にあります。

 

我々はパソコンが苦手とする方に対してビジネスをしております。パソコンが出来ない人にとってみれば大変ありがたいお話なのです。堂々と頂きたい額をご請求下さい。

 

 

例えば
原因不明の立ちくらみが続いた時
近所の方が「大丈夫だよ」というのと
お医者さんが「診断の結果問題ありません」というのでは話が違います。

 

 

車のエンジンから異音がしたとき
友達が「たぶん大丈夫じゃない?」と言うのと
車の整備士さんが「この異音は問題ないです」と言われるのとは話が違います。

 

プロが経験の結果、診断してお伝えをしているのです。
パソコンの指導もそうです。近所の、パソコンを触っている方とするお話とは訳が違うのです。それなりの経験や苦労を重ねて今があります。それを堂々と自信を持って「お金下さい」と言えば良いのです。

 

そこが払拭できれば、値上げは徐々に出来てきます。

 

今回もお読み頂きありがとうございました(^O^)/

 

 

 

【教訓】
思い切って値上げしてみませんか?(^O^)/

今回もお読み頂きありがとうございました<(_ _)>

パソコン教室運営にお困りの方はこちらをご覧下さい(*^_^*)